DECOのさまざまな経験と体験綴る~Real DECO BLOG~ 
01/21
Wed
 Title:渦中の『カカ』とミラネッロにとってのハッピーな結末よ
author:あしだ
カカの移籍についてのコメント(以下他サイトより引用)

マンチェスター・シティへの移籍が濃厚と言われながら、19日にミラン残留が決まったMFカカー。ミランファンが歓喜に沸いた一夜が明け、ミランのベルルスコーニ・オーナーは20日、あらためてカカーのクラブへの愛情を強調している。
「カカーはカネのことだけじゃなく、他の価値もちゃんと見ている人間だということを我々に示してくれた」
「ミランに彼のような青年がいることは素晴らしいね。彼はクラブと、彼をブレイクさせた会長に対して感謝の気持ちを持ってくれている。カカーはチームメートたちとの友情やミランのフラッグ、そしてサポーターの愛情を選んだんだよ」


そのとおりぃ~


マンチェスター・シティへの移籍が実現せず、ミラン残留が決まったMFカカーについて、ミランのキャプテンであるDFマルディーニが喜びを表している。
 「彼が出て行くんじゃないかと恐れていたこともあった。こういう話が出てくるとは思っていなかったからね。でも、幸いにもいい終わりを迎えてくれた」
 「フィオレンティーナ戦後の抱擁?あれは、勝利を収めた後の普通の抱擁だよ。それと、リッキー(カカー)のような選手とまだ一緒にプレーしたいという願いがあった」
 「ミランというクラブ全体に驚かされているよ。すべて情熱によるものだったと思う。サポーターはそれを見せてくれたし、リッキーはそういう愛情に心を打たれたんだ。彼は特別な選手であり、子供たちにも信じられないような影響を与える人なんだ。僕の上の息子なんて、(カカー残留の)ニュースを聞いたときに泣きそうだった。今日もすごく嬉しそうだったよ」

僕も泣きそうだった。。。


リヴァプールFWフェルナンド・トーレスは、ミランに所属するMFカカーを高く評価している。そして、移籍交渉が進んでいると言われるマンチェスター・シティは、カカーにとってふさわしいクラブではないと語った。
『デイリー・メール』が以下のように伝えている。
 「マンチェスター・シティはカカーに適したチームじゃない。彼らはいったいどうやって1億ポンドを払うんだ?まず、マンチェスター・シティがすべきことは、CLやUEFAカップで戦うことだよ」
 「ビッグプレイヤーはトロフィーを掲げるために戦いたい。マンチェスター・シティは、ヨーロッパではおろか、イングランドでも優勝の見込みがないんだ。彼らはプレミアリーグに留まるか、中位にいくかのために戦っている」
「ビッグクラブに対抗できる力をつけてからだね。そうしたら、トップレベルの選手たちも加入するはずだよ」
 「チェルシーはビッグネームを獲得する前から高い位置にいた。そして、いまでは誰もがチェルシーでプレーしたいと思っている。彼らは非常に強いクラブを作ったからね」
 「現時点で、僕はカカーがマンチェスター・シティでプレーしているところが想像できない。確かにファンタスティックな契約だ。でも、もっと大切なことがあるだろう」
 「引退する10年後くらいを想像してほしい。周りを見渡しても、写真もなければ、メダルもトロフィーもないんだよ。それじゃ何もないみたいだ。いい車、いい家があったって、何にもないよ」


国籍が異なり、違うリーグのプレーヤからこんな言葉もらえるなんて。。さすがパロンドーラーだ

カカは「レアルマドリー」行きを望んでるってぇ!?。。。。。。ベッカムが言ってるらしいんだよね・・・・

嗚呼、まだまだミランは「安心」できんのう。。。

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis